借金と言えば長年勤めてきた会社を辞めたことから始まりました。

借金と言えば長年勤めてきた会社を辞めたことから始まりました。

きっかけは怪我でした。趣味であるスノーボードに行った時に足を骨折してしまい働く事がしばらくできないのです。約2ヶ月間は松葉杖の生活でした。仕事内容は体力を使うため足か使えないというのは致命的でした。

運悪く会社の業績も芳しくなくリストラを始めようとしていた時期と重なってしまいました。当然のことながら会社は赤字経営同然のため退職金はなく住宅ローンの負債が重くのしかかってしまったのでした。

妻が働いてはいたものの高額な住宅ローンには勝てません。仕方なくネットで探した債務整理サイトをみて任意売却を勧めなんとかローンの完済はできたのでした。

次の住まいは保証人などが不要な公団でしたが思ったよりも家賃が高く生活は逼迫していったのです。月の家賃に加え子供を養うために食費や学費がかかります。怪我が治っても満足な求人もなく手元にあったクレジットカードでのキャッシングで凌ぐという生活がしばらく続きました。

なんとかアルバイトを見つけ夫婦二人で収入を得ることができるのでるようになったのもつかの間、今度はカードローンの返済に追われる始末てす。他にカードを作ろうにもアルバイトという身では思うようにいきません。挙句の果には親類を頼り少しづつ借金をお願いし用立てたのでした。

ただ子供の成長と共に出てゆく費用が多くなり生活が困窮していったのでした。自己破産という選択肢もありましたが子供がいる身のため躊躇してしまい結果として今も借金を払い続けているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です